調査記事・コラム

コロナ後の映画ヒットの法則を徹底調査!~スタイル別7タイプの映画ファンの動向~

2021-09-02更新

7-8月にKIQ REPORTでは「映画ファン徹底調査」と称し、「映画ファン」を趣味・嗜好・考え方などで7タイプに分類しました。今回はコロナ禍のヒット作品にこの7タイプの映画ファンがどのように貢献していたのか、編集部の考察をご紹介します。

はじめに7タイプの映画ファンの概要は下記の通りです。

Case1 『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』

まずは昨年2020年10月に封切られ、日本歴代興行収入第一位を達成した『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』のヒットの流れを見ていきます。

(参考:「JAGAT日本印刷技術協会【コラム】鬼滅の刃はなぜ売れたのか」より https://www.jagat.or.jp/archives/81534

 

~『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』ヒットの経緯~

2019年4月 アニメ「鬼滅の刃」放送開始(漫画発行部数:350万部)
初めにアニメ「鬼滅の刃」が、2019年4月から放送された。
2019年9月 アニメ「鬼滅の刃」放送後(漫画発行部数:1200万部)
同年4月から放送されたアニメがアニメファンを中心に人気になり、放送前は350万部だった漫画が放送終了後には1200万部となった。
2020年1月 コロナ禍前 (漫画発行部数:2500万部)
コロナ禍前にはアニメがすでにエンタメ通に広まり、この頃すでに浸透していた動画配信サービスによって、アニメの視聴数は順調に上がっていく。
2020年5月 コロナ禍(ステイホーム期間中) (漫画発行部数:6000万部)
コロナ禍に突入するとステイホーム期間中に、アニメ「鬼滅の刃」がTVなどのメディアで「おすすめのアニメ」として取り上げられるようになり、爆発的に広がっていく。
⑤2020年10月 「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」公開直前(漫画発行部数:1億部)
そして20年10月に映画が公開され、大ヒット。
2021年10月以降  「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」公開後
その後はアニメを普段見ない一般層にも作品の知名度とターゲットが広がり「国民的大ヒット」の記録を打ち立てていく。

 

この一連の流れをスタイル別7タイプの映画ファン層に当てはめてみます。

この7タイプ分析から考察するとこの特大ヒットは、「エンタメエリート層」の発信力と、自粛期間中に流行を追いかける「高感度リア充層」、公開後にヒット作を追う「ゆるふわ層」の動員で成せた出来事と推測できます。

ちなみに本作の観客動員数は2869万人(5月24時点)。上記図の「エンタメエリート層」「高感度リア充層」「ゆるふわ層」「アニメファン層」の4つの層の構成比を人口に当てはめた合計は2592万人なので、大方同じ数字となりました。

このようにして、一見、爆発的に知名度を上げたと思える作品も細かく分析していくと、段階を踏んだヒットが隠されています。ですが、この作品はステイホーム期間という特例で4タイプを100%超えで動員できたと考えられます。

続いて、7タイプ中の一部の層がヒットに導いたと思われる例をご紹介します。

 

Case2 『花束みたいな恋をした』
この作品のヒットについては下記3つの流れがあったようです。
(参考:「現代ビジネス なぜ『花束みたいな恋をした』は“想像以上のロングヒット”を記録したのか、ひとつの答え」よりhttps://gendai.ismedia.jp/articles/-/81931

 

~『花束みたいな恋をした』ヒットの経緯~

①映画の内容が共感を呼び、「口コミ」で広まった。
②劇中でカルチャーに関連する固有名詞が多く用いられたことで、SNSに様々な考察が載せられ拡散された。
③これら「映画の感想」や「映画の深読み・考察」投稿が人を集め、動員に繋がった。

 

以上から考えると、この映画には情報発信力の特に高い「エンタメエリート層」と情報収集力に長けている「高感度リア充層」の力があったと推測できます。

▼7タイプのSNS発信力

上記のヒットの流れを7タイプの動きで表すと、下記の図の通り。「エンタメエリート層」の熱が「高感度リア充層」に伝わっていき動員に繋がったと考えられます。

 

Point 今ヒットする映画は?ポイントは「エンタメエリート層の発信力」

では2つの考察を踏まえて今、どんな映画がヒットするのでしょうか。『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』と『花束みたいな恋をした』の類似点は<インターネットで広がったこと>です。この2作は「エンタメエリート層」の積極的な発信力がSNSの口コミを呼び、他の層の動員に繋がったと考えられます。つまり、今の映画に必要なモノは「発信したくなる要素」です。そして、おそらくその重要なカギを握っているのが7タイプの「エンタメエリート層」なのです。彼らが「SNSで発信したい!」という気持ちを引き出せてこそ、作品の知名度が上がり、ひいては他層に影響を及ぼしていくと言えるでしょう。

 

そしてもう一つのポイントは、<「ゆるふわ層」の動員>です。興収100億円超の映画には、ヒットをきっかけに映画館に足を運ぶ「ゆるふわ層」の存在が重要だと考えられます。『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』では「アニメファン層」「エンタメエリート層」「高感度リア充層」の3層が映画館に行き、ヒットしたことが「ゆるふわ層」が動くきっかけになったと推定しました。これは、9月2日時点で21年No.1ヒットの『シン・ヱヴァンゲリヲン 劇場版』(興収102.2億円)においても考えられます。アニメが好きな「アニメファン層」「エンタメエリート層」に加え、監督や作家性にこだわりがある「こだわりマニア層」の3層を動員し、ヒット。そのヒットが「ゆるふわ層」を呼び、大ヒットにつながったと推測できます。

 

つまり、「エンタメエリート層」の発信力で映画を盛り上げ、他層に波及させ、「ゆるふわ層」を動員させるこれが今日のヒットの一つの流れといえるでしょう。

 

【注釈】
ⅰ調査内で「TVアニメをよく見るか」という質問に対し、「アニメファン層」の83%が「はい」と答え、エンタメ全方位型の「エンタメエリート層」ではそれを上回った86%が「はい」と回答した。
ⅱ「動画配信にハマっているか」という質問に対し85%の「エンタメエリート層」が「はい」と回答(7タイプ中1位)
ⅲ「見たい新作映画が公開された際、どのタイミングで見に行くか」という質問に対し、「エンタメエリート層」の33.6%(7タイプ中1位)が「高感度リア充層」の23.0%(7タイプ中2位)が「公開初週など、なるべく早いタイミングで見に行く」と回答
【参考記事】
★「JAGAT日本印刷技術協会【コラム】鬼滅の刃はなぜ売れたのか」 https://www.jagat.or.jp/archives/81534
マイナビニュース『鬼滅の刃』はなぜヒットしたのか!? 3つの環境から読み解く https://news.mynavi.jp/article/20210320-1818410/
現代ビジネス 「なぜ『花束みたいな恋をした』は“想像以上のロングヒット”を記録したのか、ひとつの答えhttps://gendai.ismedia.jp/articles/-/81931

 

【関連リンク:映画ファンのスタイル別7タイプ】
★各タイプの特徴・概要 https://kiq-report.com/Item/321
各タイプの性・年代、鑑賞頻度との相関 https://kiq-report.com/Item/324
各タイプの意識とこだわり、情報感度 https://kiq-report.com/Item/328
★各タイプの人口統計 https://kiq-report.com/Item/332
★★各タイプのコンテンツとの関わり方 https://kiq-report.com/Item/335

【調査概要】
調査時期:2021年4月9日(金)~2021年4月16日(金)
調査手法:インターネット調査(FastAsk利用 )
調査対象:計28,545名 (15歳~69歳 以上男女)
調査定義:映画ヘビーファン=月に1本以上劇場で映画鑑賞する人/映画ミドル=2~3ヶ月に1本程度劇場で映画鑑賞する人/映画ライトファン=半年に1本程度劇場で映画鑑賞する人

© 2020 KITT All Rights Reserved.

不明なエラーが発生しました

あわせて読みたい

  • 4月の映画興行収入96%減…新型コロナ影響で映画業界に大打撃(AbemaTIMES) -..

    マーケティングNEWS

    2020/05/19

    MORE
  • #ILOVEシアターで映画館の思い出を投稿しよう! 関西発の映画館応援キャン..

    マーケティングNEWS

    2020/05/19

    MORE
  • 映画の経済が回復する日まで役目は終わらない!「仮設の映画館」6月30日..

    マーケティングNEWS

    2020/05/19

    MORE
  • 名画を観て配給会社をサポート!【Help! The 映画配給会社プロジェクト】が..

    マーケティングNEWS

    2020/05/19

    MORE
閉じる

ログイン

アカウントをお持ちでない方は新規登録

パスワードを忘れた方はこちら

閉じる