調査記事・コラム

【業界インタビュー】「映画 えんとつ町のプペル」大ヒットの鍵を握る13のキーワードを直接聞いてみた【後編】

2021-03-19更新

お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣の製作総指揮・脚本・原作の『映画 えんとつ町のプペル』。映画業界もビックリの大ヒットを記録し、まさに社会現象となっている本作のヒットの謎に迫まるべく、【中の人】に直接お話をお聞きする特別企画の最終回をご紹介します。

★オリジナル生配信番組のダイジェスト映像はこちら
★アフタートーク【前編】映像はこちら

今回もお話を伺ったのは「『映画 えんとつ町のプペル』宣伝プロデューサー木村徳永さん。後編では、「公開後の施策」「本当の宣伝P」「応援団」という3つのキーワードをテーマにじっくりお話伺いしました。

①キーワード「公開後の施策」
・西野さんが訪れた劇場の感想を積極的に発信していった
・それが「映画館で観なきゃいけない理由」として発信されていった
・宣伝、劇場、お客さんのキャッチボールが生まれていった
・イヤホンをしながら映画を観る「副音声上映」も実施
・自分で体感したことを発信する大切さを西野さんから学んだ。

②キーワード「本当の宣伝P」
・本当の宣伝プロデューサーは西野さんであり、映画を盛り上げた応援団の皆さん
・宣伝プロデューサーは「潤滑油」

③キーワード「応援団」
・大切なのは「熱量」
・真剣さと熱量が伝わらないと、応援してもらうことは出来ない
・「興収100億円」という宣言をしたからこそ、応援してくれる人がどんどん増えた
・「ヒットさせたい」から「ヒットさせないといけない」への気持ちの変化

ここでしか聞くことの出来ない貴重なトークになっています!是非ご視聴ください!

【関連動画】
アフタートーク【前編】映像はこちら
★生配信番組見どころ凝縮ダイジェスト版映像はこちら
★生配信番組ノーカット版映像はこちら

【出演】
★木村徳永 (映画『えんとつ町のプペル』宣伝プロデューサー)
★吉田旅人 (KIQ REPORT)
★立花孝之 (共感シアター)

【提供】
★参加型インターネット放送局「共感シアター
★リサーチ・エンタテイメントメディア「KIQ REPORT

【関連リンク】
★映画『えんとつ町のプペル』公式サイト 
★KIQ REPORT記事/宣伝担当が語る『映画 えんとつ町のプペル』がヒットすると思う理由
① 毎日が決断、最高のリーダーシップが生み出す奇跡
② フライングから始まるポジティブ思考
③ 一人一人を大切に、みんなで当てるこだわり 
④ 宣伝プロモーションは一方通行なのか?

不明なエラーが発生しました

あわせて読みたい

閉じる

ログイン

アカウントをお持ちでない方は新規登録

パスワードを忘れた方はこちら

閉じる