調査記事・コラム

【徹底調査】著名人の意見って参考にしてるの?

2021-03-04更新

映画ファンの生態や動向を解明する調査分析レポート「KIQ REPORT」。
今回は10代~60代の男女750名の映画ファンに「メディア」、「SNS」、「オピニオンリーダー」についてインターネット調査をしました。
本日は「オピニオンリーダー」についてお届けします。

Point☛ コア層ほど、他人の意見に影響を受けている

映画選びの際に、著名人の意見を参考にするかという質問したところ、67%が「はい」と答えました。およそ3人に2人。性別や年齢による傾向はありませんが、コア層では81%と高い数値となっています。熱心な人ほど他人の意見に影響を受けるというのは少し意外な気もしますが、アンテナを高くし、フットワークが軽いと捉えることができます。

 

また以下の図のように、今回の調査では、映画選びに影響力がありそうな著名人を6つのカテゴリーに分けて、合計91名を聴取しました。
カテゴリー別に見ると、ユーチューバー以外は15%前後で大きな差はありません。

 

トップはマツコ・デラックスさんで、さまざまな分野のご意見番的ポジションを確立している大物タレントですが、映画選びにも一定の影響力があるようです。
そのほか、映画コメンテイターのLiLiCoさん、有村昆さん、作家としても活動する又吉直樹さん、そして映画番組のナビゲーターを務めている斎藤工さんなどが上位にランクしました。畑違いとも思えますが、池上彰さん、林修さんも知名度の高さを活かして、TOP10入りしています。

上位の人々の特徴としては、“映画に詳しい”だけでなく、“インテリジェンス”“サブカル”っぽい雰囲気がある人たちといえそうです。

 

【調査概要】
調査時期:2020年12月7日(月)~2020年12月14日(月)
調査手法:インターネット調査(FastAsk)
調査対象:計750名 (15歳~60歳以上男女/映画コア・映画ライト)
調査定義:映画コアファン=月に1本以上劇場で映画鑑賞する人/映画ライトファン=半年に1本程度劇場で映画鑑賞する人

© 2020 KITT All Rights Reserved.

不明なエラーが発生しました

あわせて読みたい

閉じる

ログイン

アカウントをお持ちでない方は新規登録

パスワードを忘れた方はこちら

閉じる