データでヒット予報

【データで週末ヒット予報!】スピルバーグ監督、横浜流星主演&中田秀夫監督作品の興収は?

2022-02-08更新

今週末に公開する作品をピックアップし、過去の関連作品の成績データを踏まえてヒットを予測する、“データで週末ヒット予報”。今回は、世代によって動員が分かれそうなこちらの2本です!

 

ウエスト・サイド・ストーリー』 2022年2月11日公開

監督:スティーブン・スピルバーグ
出演:アンセル・エルゴート、レイチェル・ゼグラー、アリアナ・デボーズほか
配給:ディズニー

 

名匠スティーブン・スピルバーグ監督が、1961年にも映画化された伝説のブロードウェイミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」を念願の映画化。“異なる立場を越えて、私たちは手を取り合えるのか?”という普遍的なメッセージをこめて贈る、感動のミュージカル・エンターテイメントです。

3年半ぶりの新作映画となります。まずは2010年以降に公開された、スピルバーグ監督作品の興収成績をみてみましょう。

幅広いジャンルを手掛けている印象がありますが、中でもエンタメ要素の強い『レディ・プレイヤー1』は25.5億円の成績をあげています。

これまで数々の名作を生み出してきたスピルバーグ監督ですが、ミュージカル作品に挑むのは今回が初めて。ミュージカル映画(洋画)の人気はどうでしょうか?

ディズニー作品はさておき、『レ・ミゼラブル』や『ラ・ラ・ランド』といったアカデミー賞主要部門を受賞した作品はヒットする傾向があるようです。

本作も本年度アカデミー賞受賞作品として有力視されており、先に発表された2022年(第79回)ゴールデングローブ賞では、最優秀作品賞、主演女優賞、助演女優賞を受賞しています!

KIQ REPORTの調査でも、米国アカデミー賞の受賞は作品意欲を高めるという調査結果があります。アカデミー賞の受賞がロングラン上映、動員数にも大きく影響しそうですね。まずは本日(2月8日)発表されるノミネート情報に期待が高まります!

映画祭・映画賞の受賞は鑑賞意欲を上げる?【海外編】
映画賞の受賞・ノミネート情報の訴求力は?

最後に、アカデミー賞作品賞受賞作品の興行成績もご紹介しておきます。

 

続いて、同日公開のこちら!

 

嘘喰い』 2022年2月11日公開

監督:中田秀夫
出演:横浜流星、佐野勇斗、白石麻衣ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画

 

「ヤングジャンプ」で連載された人気ギャンブル漫画「嘘喰い」を、人気俳優・横浜流星さん主演で実写映画化した作品。『リング』『スマホを落としただけなのに』の中田秀夫監督がメガホンをとります。

横浜流星さん主演映画はこちらです。

公開規模によって変動がありますが、『愛唄 −約束のナクヒト−』、『いなくなれ、群青』、『チア男子!!』で第43回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞、その後もドラマも含めた多方面での活躍で、人気実力ともに今旬の俳優ですね。直近の『きみの瞳が問いかけている』では9億円の成績を上げています。

ジャパニーズホラーの第一人者である中田秀夫監督も近年ヒット作が続いています。ホラー作品『事故物件 恐い間取り』のスマッシュヒットも記憶に新しいですが、『スマホを落としただけなのに』のような若年層向けサスペンス映画でも実績がありますね。

横浜流星主演×中田秀夫監督で特に若年層の動員が予想されますが、もうひとつ、ワーナー配給という点にも注目です。昨年公開された漫画原作の実写映画はいずれもヒット作品ばかり!本作でも強力タッグによるヒットも期待したいですね!

映画は今週公開です。

 

※興行収入は一部、推定値を含む
※情報提供:プレコグ

(C)迫稔雄/集英社 (C)2022映画「嘘喰い」製作委員会

 

【関連リンク】
【保存版】映画興行収入データまとめ

 

不明なエラーが発生しました

閉じる

ログイン

アカウントをお持ちでない方は新規登録

パスワードを忘れた方はこちら

閉じる