KIQREPORT

Vol.9: 映画ファンの注目するオリンピック競技は??

2020-01-28更新

今回は映画ファンの「東京2020オリンピック・パラリンピック(以下、オリンピック)」の注目競技について、調査しました。

映画ファンを劇場頻度で大きく分け、半年に2本以上劇場鑑賞する観客を映画コアファン、年に1〜3本劇場鑑賞する観客を映画ライトファンと定義し、15歳以上の男女、計776名に聞いた結果です。

ちなみに各リサーチ会社や別媒体でも類似の調査が行われており、それぞれ設問の方向によって、違った結果が出ています。

【1】NEXER 「最も楽しみにしている競技は何ですか?
①陸上競技、②野球・ソフトボール、③サッカー、④柔道、⑤卓球

【2】朝日新聞DIGITAL 「会場で一番観戦したい競技
①陸上競技、②水泳、③体操、④野球・ソフトボール、⑤サッカー

【3】ネオマーケティング 「東京オリンピック事前抽選申し込みに関する調査
①開会式、②閉会式、③陸上競技、④サッカー、⑤水泳

他にも様々あるのですが、【1】は会場やTVなどあらゆる観戦方法を含め楽しみな競技、【2】は会場に行って観たい競技、【3】は実際にチケット申し込みという行動を起こした人達の観たい競技。

つまり、意欲順に【1】→【2】→【3】で分かりやすいだろうと、この3つをピックアップしてみました。

そして映画ファンが注目している競技は、以下です (複数回答)。

映画ファンが観たい競技は…だいたい一般といっしょ!!

ほぼほぼ一般的な興味と同様の結果で、映画ファンならではというのは、あまり見受けられないように思います。

例えば重複する競技は【3】がもっとも多いですが、【1】と【2】の設問に「開会式」と「閉会式」は入っていないようですし。

ちなみに鑑賞頻度別、男女別、世代別に見た<全種目一覧>はこのようになりました (複数回答)。

主な興味対象の競技は概ね重なっていますが、属性ごとの特徴も散見できます。

◎バスケットボール:男性10代
◎柔道:男性40代/男性50代
◎ラグビー:女性10代/女性30代
◎バレーボール:女性10代
◎テニス:女性30代/女性40代/女性50代
◎卓球:女性60代

▷男性:サッカーへの興味が高い
▷女性:男性よりも開会式や閉会式への興味が高い

ターゲットに合わせた施策の参考になるかもしれませんね。

※KITT調べ(Fastask利用)

【調査概要】
調査時期:2019年11月1日(金) ~ 11月8日(金)
調査対象:計776名 (全国15歳以上男女/映画コア・映画ライト)
調査定義:映画コア=半年に2回以上、劇場で映画鑑賞する人/映画ライト=年に1~3回、劇場で映画鑑賞する人

(C) 2019 KITT All Rights Reserved.

あわせて読みたい