プロが見たこの映画

映画メディアのプロが語る「出演者のファンが、映画を観てくれるとは限らない!?」/武内三穂(トーキョー女子映画部 編集長)

2019-12-20更新

私はいち映画ファン、そして紙媒体、WEB媒体の編集者、ライターとして長らく映画に関わってきました。映画をたくさんの方に観てもらうために、インタビューを載せたり、特集を組んだりとするわけですが、最近取材の現場で不思議に思うことがあります。一つ例に挙げると、黄色い声援が飛び交う、人気者が登壇する邦画のイベントで、舞台挨拶だけを観て、映画本編を観ずに帰ってしまうファンが少なからずいることです。お目当ての出演者本人を生で観られるだけで満足するのはわかりますが、その俳優が出ている映画をいち早く観られるチャンスを放棄する意図がわかりません。劇場公開が始まってからお金を払って観てくれるなら喜ばしいことですが、それでも映画を観ないで帰るとは、なんだか寂しくなります。イベントに来ただけでも、嬉しくてSNSに投稿してくれる可能性は大いにあるので宣伝的には目的を果たしているのかも知れませんが、とにかく気になるのは、ファンでも映画は観ないという人達がどれくらいいるのかということです。

トーキョー女子映画部では、イイ男ランキングという企画を実施していて、ここでの“イイ男”はルックス的な意味ではなく、個性や演技力なども含めて、俳優として魅力のある人というコンセプトでやっています。このランキングについては、トーキョー女子映画部の部員が映画好きの女性であるというところで、映画出演作でみせた演技力や俳優の個性が順位に反映されているほうだとは思いますが、若手俳優に関しては、知名度が結果に反映されている部分もあります。これがもし年に1回映画を観るか観ないかの一般女性の投票だったら結果はもっと違うでしょう。さらに前述の舞台挨拶イベントで映画本編を観ないで帰る人の話と合わせて考えると、一体どんな俳優に集客力があるのか悩むところです。ただ、手前味噌ですが、イイ男ランキングの結果から思うのは、映画ファンは、俳優の知名度だけでなく、印象に残る役柄を演じたり、俳優としての実力があるかは、しっかり見ているということです。だからこそ、俳優で映画を選ぶという感覚を持ってもらうためには、やはりその俳優の“演技”に引き込まれるという体験を、いかに多くのユーザーにしてもらえるかではないでしょうか。こうなると、鶏と卵の話になってしまいますが、人気者の“俳優としての魅力”をいかに伝えるかは、私達媒体にとっても課題だなと感じます。

第1位:オダギリジョー 1628票
第2位:阿部寛 1620票
第3位:阿部サダヲ 1487票
第4位:大泉洋 1469票
第5位:西島秀俊 1459票
第6位:竹野内豊 1432票
第7位:堤真一 1426票
第8位:伊勢谷友介 1416票
第9位:ムロツヨシ 1368票
第10位:香川照之 1357票
10位以下及び、結果の詳細こちら

不明なエラーが発生しました

あわせて読みたい

  • 想田和弘監督「精神0」5月2日劇場公開日に一斉配信、料金は映画館にも分..

    マーケティングNEWS

    2020/04/08

    MORE
  • 映画館閉鎖と自宅待機の恩恵はディズニーに…Disney+とHuluへの加入者が増..

    マーケティングNEWS

    2020/04/07

    MORE
  • 2019年の年間興収2611億円で過去最高を記録、若い世代がライブ感覚で映画..

    マーケティングNEWS

    2020/01/28

    MORE
  • 企業の公式Twitterアカウントに、リツイート・返信されたら嬉しいユーザー..

    マーケティングNEWS

    2020/01/15

    MORE
閉じる

ログイン

アカウントをお持ちでない方は新規登録

パスワードを忘れた方はこちら

閉じる