露出度ランキング

地上波テレビでの映画露出度ランキング【2020/12/14〜2020/12/20】

2020-12-23更新

【情報提供:プレコグ株式会社】

地上波テレビ(東京:6局)で露出された新作映画宣伝の情報を丸ごとレポートするサービス「映露丸」。
直近1週間における作品別のテレビ・パブリシティ状況を報告します。

【番組露出ポイント ランキングTOP7】2020年12月14日(月)〜2020年12月20日(日)

※露出ポイントは、弊社が独自に規定した放送局、放送時間帯の係数や番組の種別を加味して算出しています。
※ポイント、総露出時間、総露出回数は簡易集計による暫定値となります。
※露出ポイントは、特集番組の露出時間を除外して算出しています。
※総露出時間は、特集番組の露出を含んでいます。

今週のパブリシティ状況

・首位は2週連続「約束のネバーランド」(12/18公開)。主演の浜辺美波がバラエティ番組や情報番組にゲスト出演し、映画の告知を多数行った。また公開当日の朝からは、フジテレビの情報番組に次々と生出演し,繰り返し映画の見所や撮影エピソードを語り、多くの露出を獲得した。さらに、フジテレビの土曜夜の“土曜プレミアム”では、本編冒頭映像約6分がノーカットで放送されている。

・3位「劇場版「鬼滅の刃」無限列車編」(10/16公開)の累計興行収入が先週末で歴代最速で300億円を突破し、1位の「千と千尋の神隠し」(2001年公開)の302億記録に迫っていることが各局のニュース番組や情報番組で報じられた。また、新たな入場者プレゼントが配布されることや、26日から4DX、MX4D上映が開始されることなども報じられた。

・6位「さんかく窓の外側は夜」(1/22公開)の完成披露舞台挨拶が行われ、W主演の岡田将生と志尊淳と平手友梨奈、滝藤賢一が登壇し、会見する様子が各局の情報番組で報じられた。また、同時に行われた各情報番組の個別インタビューも放送された。

 

上記ランキング圏外のピックアップ作品

・歴代興行収入1位作品「千と千尋の神隠し」(2001年公開)が今夏、コロナ渦で新作映画の上映延期が多い中、リバイバル上映された際の興行収入8億8000万円が追加となり、「千と千尋の神隠し」の興行収入額が316億円となったことが情報番組で報じられた。

 

(C) 2020 KITT All Rights Reserved.

©白井カイウ・出水ぽすか/集英社 ©2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会

不明なエラーが発生しました

あわせて読みたい

閉じる

ログイン

アカウントをお持ちでない方は新規登録

パスワードを忘れた方はこちら

閉じる