露出度ランキング

地上波テレビでの映画露出度ランキング【2020/12/7〜2020/12/13】

2020-12-17更新

【情報提供:プレコグ株式会社】

地上波テレビ(東京:6局)で露出された新作映画宣伝の情報を丸ごとレポートするサービス「映露丸」。
直近1週間における作品別のテレビ・パブリシティ状況を報告します。

【番組露出ポイント ランキングTOP7】2020年11月30日(月)〜2020年12月6日(日)

※露出ポイントは、弊社が独自に規定した放送局、放送時間帯の係数や番組の種別を加味して算出しています。
※ポイント、総露出時間、総露出回数は簡易集計による暫定値となります。
※露出ポイントは、特集番組の露出時間を除外して算出しています。
※総露出時間は、特集番組の露出を含んでいます。

今週のパブリシティ状況

・首位は2週連続「新解釈・三國志」(12/11公開)。公開前夜祭オンラインイベントが行われ、主演の大泉洋と主要キャストのムロツヨシ、小栗旬、岩田剛典、賀来賢人、監督の福田雄一と海外配給の決まっている韓国、香港、台湾と中継で交流する様子が各局の情報番組で報じられた。また、主演の大泉洋は先週同様に、バラエティ番組のゲスト出演や情報番組のインタビューでの露出が多く、露出ポイントを獲得した。

・2位「キャラクター」(2021年6月公開)は、主演の菅田将暉と映画初出演となるSEKAINOOWARI・Fukaseのキャストが発表され、また、イキング映像が公開され、各局の情報番組で報じられた。

・4位「映画 えんとつ町のプペル」(12/25)は原作者であり、映画の製作総指揮を務める西野亮廣がバラエティ番組や情報番組にゲスト出演し、熱心に告知を繰り広げた。

 

上記ランキング圏外のピックアップ作品

・ミラ・ジョボビッチ主演で日本発人気ゲームがハリウッドで実写化された「モンスターハンター」(2021/3/26公開)が、劇中に差別表現があるとして、公開直後に上映中止となったことがニュース番組や情報番組で報じられた。

 

(C) 2020 KITT All Rights Reserved.

(C)2021映画「キャラクター」製作委員会

不明なエラーが発生しました

あわせて読みたい

閉じる

ログイン

アカウントをお持ちでない方は新規登録

パスワードを忘れた方はこちら

閉じる