露出度ランキング

地上波テレビでの映画露出度ランキング【2019/1/20〜2020/1/26】

2020-02-01更新

【情報提供:プレコグ株式会社】

地上波テレビ(東京:6局)で露出された新作映画宣伝の情報を丸ごとレポートするサービス「映露丸」。
直近1週間における作品別のテレビ・パブリシティ状況を報告します。

【番組露出ポイント ランキングTOP7】2020年1月20日(月)〜2020年1月26日(日)

※露出ポイントは、弊社が独自に規定した放送局、放送時間帯の係数や番組の種別を加味して算出しています。
※ポイント、総露出時間、総露出回数は簡易集計による暫定値となります。
※露出ポイントは、特集番組の露出時間を除外して算出しています。
※総露出時間は、特集番組の露出を含んでいます。

 

★今週のパブリシティ状況

・首位は「嘘八百 京町ロワイヤル」(1/31公開)。完成披露試写会に主演の中井貴一、佐々木蔵之介やシリーズ2作目の今回から参加した広末涼子ら主要キャストが登壇。舞台挨拶を行う様子や、試写会後に各局の情報番組が行ったインタビューが多数放送され、露出ポイントを獲得した。また、中井貴一ほか、山田裕貴や加藤雅也の主要キャストが各々にバラエティ番組やトーク番組にゲスト出演し、映画の告知を行った。

・2位「キャッツ」(1/24公開)は、20日に行われたチャリティー試写会に天皇陛下御一家が出席され、主人公の声優を務める葵わかなと一緒に鑑賞される様子が各局の情報番組で報じられた。続けて、22日に、監督のトム・フーパーと主人公を演じた英国バレエ団プリンシパルのフランチェスカ・ヘイワードが来日し、ジャパンプレミアを行い、葵わかなをはじめ大竹しのぶ、山崎育三郎など日本語版吹替えを務め面々も出席した舞台挨拶の様子も各局の情報番組で報じられた。

・4位「パラサイト 半地下の家族」(12/27公開)は、アカデミー賞の前哨戦の一つとされる全米俳優組合賞授賞で、外国語映画が史上初最優秀作品賞にあたるキャスト賞を受賞したニュースが情報番組で報じられた。また、日本でヒットしている要因を情報番組が特集して報じた。

 

★上記ランキング圏外のピックアップ作品

・「Fukushima 50」(3/6公開)の完成披露試写会が舞台となった福島県で行われ、主演の佐藤浩市や渡辺謙、監督の若松節朗が舞台挨拶に登壇し、復興への思いを語る様子が各局の情報番組で報じられた。

 

(C) 2020 KITT All Rights Reserved.
(C)2020「嘘八百 京町ロワイヤル」製作委員会

あわせて読みたい