データでヒット予報

【週末データでヒット予報!】小松菜奈&坂口健太郎主演作、難病・余命作品の興収は?

2022-03-02更新

今週末に公開する作品をピックアップし、過去の関連作品の成績データを踏まえてヒットを予測する、“データで週末ヒット予報”。今回はこちら!

 

余命10年』 2022年3月4日公開

監督:藤井道人
出演:小松菜奈、坂口健太郎、山田裕貴ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画

 

切なすぎる小説としてSNSを中心に反響を呼んだ同名恋愛小説を、小松菜奈さんと坂口健太郎さんを主演に迎え映画化。話題作が相次ぐ藤井道人監督がメガホンを取り、人気ロックバンドRADWIMPSが実写映画で初めて劇伴音楽を担当します。

主演を務めるのは最旬実力派の2人。主演&ヒロイン作をチェックしてみましょう。

■小松菜奈さん主演&ヒロイン作品

人気モデルの小松さんは『渇き。』で長編映画デビューした後、多くの話題作に出演されています。2020年の『糸』をはじめ、特に恋愛映画で好成績を収めている印象です。若年層から圧倒的な支持を受けており(Instagramフォロワー数は240万人超え!)恋愛映画との相性が良いのかもしれません。

■坂口健太郎さん主演作品

一方の坂口さんは、幅広い役柄に挑戦されています。テレビドラマでの活躍も多く、NHKの朝ドラや大河ドラマから民放作品まで安定した演技力が魅力です。ラブストーリーでは、昨年放送されたTBSドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」での好演も記憶に新しいですね。

 

本作は、数万人に1人という不治の病に冒され余命10年を宣告された20歳の主人公が、かつての同級生と出会い恋に落ち、それにより大きく変わっていく彼女の最後の10年を描きます。
「難病・余命」をテーマにした作品は多くありますが、興収はどうでしょうか?2015年以降に公開された主な作品の成績をみてみましょう。

ヒット作は、恋愛を主題とした作品に多いようです。本作も期待できそうですね!

 

監督をはじめ、スタッフにも最高のメンバーが集結。藤井道人監督は『新聞記者』『ヤクザと家族 The Family』など、透明感のある映像美の評価が高い監督です。すでに解禁されている本作の映像やスチール写真からも、本作での映像も期待できます。脚本は『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の脚本も努めたヒットメーカー岡田惠和さん、人気ロックバンドRADWIMPSの音楽が全編を優しく彩ります。

■藤井道人監督作品

映画は今週公開です。

 

※興行収入は一部、推定値を含む
※情報提供:プレコグ

(C)2022映画「余命10年」製作委員会

 

【関連リンク】
【保存版】映画興行収入データまとめ

 

不明なエラーが発生しました

製作・宣伝・営業・興行 エンタメ業界人 必見のお仕事ムービー ハケンアニメ 共感度100%の秘密は鑑賞者の声に!
閉じる

ログイン

アカウントをお持ちでない方は新規登録

パスワードを忘れた方はこちら

閉じる