露出度ランキング

地上波テレビでの映画露出度ランキング【2020/11/23〜2020/11/29】

2020-12-03更新

【情報提供:プレコグ株式会社】

地上波テレビ(東京:6局)で露出された新作映画宣伝の情報を丸ごとレポートするサービス「映露丸」。
直近1週間における作品別のテレビ・パブリシティ状況を報告します。

【番組露出ポイント ランキングTOP7】2020年11月23日(月)〜2020年11月29日(日)

※露出ポイントは、弊社が独自に規定した放送局、放送時間帯の係数や番組の種別を加味して算出しています。
※ポイント、総露出時間、総露出回数は簡易集計による暫定値となります。
※露出ポイントは、特集番組の露出時間を除外して算出しています。
※総露出時間は、特集番組の露出を含んでいます。

今週のパブリシティ状況

・首位は「劇場版「鬼滅の刃」無限列車編」(10/16公開)。公開から1ヵ月以上経つが依然人気は高く、興行収入が259億円を突破し、「アナと雪の女王」(2013年)を超え歴代3位となったことが各局のニュース番組や情報番組で繰り返し報じられた。

・4位「サイレント・トーキョー」(11/7公開)は、主演の佐藤浩市がトーク番組やバラエティ番組にゲスト出演し、映画の見所を語った。また、西島秀俊と石田ゆり子とと共にインタビューを受け、映画の告知を熱心に行っていた。さらに広瀬アリスや井之脇海もバラエティ番組にゲスト出演し、告知を行った。

・6位「フード・ラック!食運」(11/20公開)は、W主演のEXILE・NAOTOと土屋太鳳、初監督となった寺門ジモンが公開記念舞台挨拶に登壇し、監督が2人の肉の焼き方を採点するなどの撮影エピソードが語られるなど、和やかな様子が情報番組で報じられた。

 

上記ランキング圏外のピックアップ作品

・今年6月公開予定がコロナ渦で来年4月に公開延期となったドキュメント映画「ディエゴ・マラドーナ二つの顔」の主人公でサッカー元アルゼンチン代表の‘英雄’ディエゴ・マラドーナが死去したニュースが、各局のニュース番組や情報番組で報じられた。

 

(C) 2020 KITT All Rights Reserved.

©2020「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」製作委員会

不明なエラーが発生しました

あわせて読みたい

閉じる

ログイン

アカウントをお持ちでない方は新規登録

パスワードを忘れた方はこちら

閉じる