露出度ランキング

地上波テレビでの映画露出度ランキング【2019/2/10〜2020/2/16】

2020-02-22更新

【情報提供:プレコグ株式会社】

地上波テレビ(東京:6局)で露出された新作映画宣伝の情報を丸ごとレポートするサービス「映露丸」。
直近1週間における作品別のテレビ・パブリシティ状況を報告します。

【番組露出ポイント ランキングTOP7】2020年2月10日(月)〜2020年2月16日(日)

※露出ポイントは、弊社が独自に規定した放送局、放送時間帯の係数や番組の種別を加味して算出しています。
※ポイント、総露出時間、総露出回数は簡易集計による暫定値となります。
※露出ポイントは、特集番組の露出時間を除外して算出しています。
※総露出時間は、特集番組の露出を含んでいます。

 

★今週のパブリシティ状況

・首位は「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」(2/21公開)。主演の千葉雄大と白石麻衣が公開直前イベントに参加し、その様子が各局の情報番組で報じられた。2人はTBSを中心としたバラエティ番組やトーク番組に多数ゲスト出演し、繰り返し映画の告知を行い、露出ポイントを獲得した。さらに、2/16午後TBSにて“映画「スマホ2」緊急取材ネット犯罪の恐怖スペシャル”と題した特別番組が放送された。

・2位「Red」(2/21公開)は、原作者では直木賞作家の島本理生と監督の三島有紀子がNHK“あさイチ”に生出演し、今作について語った。また、主演の夏帆、柄本佑、妻夫木聡、間宮祥太朗が撮影エピソードなどを語る様子も紹介された。

・4位「スキャンダル」(2/21公開)は、米・アカデミー賞で主演のシャーリーズ・セロンなどの特殊メイクを担当したカズヒロ氏がメイクアップスタイリング部門で2回目の受賞をし、スピーチする様子や、6位「1917 命をかけた伝令」(2/14公開)が同じく米・アカデミー賞で撮影賞、録音賞、視覚効果賞の3部門で受賞したことが各局のニュース番組や情報番組で報じられた。

 

★上記ランキング圏外のピックアップ作品

・韓国映画「パラサイト」」(1/10公開)が米・アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞、長編国際映画賞の4冠を獲得し、中でも作品賞受賞はアジア映画初の快挙ということで、各局のニュース番組や情報番組は、受賞時のポン・ジュノ監督のスピーチをはじめ「パラサイト」の作品の魅力を特集して報じた。

(C) 2020 KITT All Rights Reserved.
©2020映画「スマホを落としただけなのに2」製作委員会

あわせて読みたい

閉じる

ログイン

アカウントをお持ちでない方は新規登録

パスワードを忘れた方はこちら

閉じる