データでヒット予報

【データで週末ヒット予報!】邦画コメディ作品の興収は?

2022-06-01更新

今週末に公開する作品をピックアップし、過去の関連作品の成績データを踏まえてヒットを予測する、“データで週末ヒット予報”。今回はこちら!

 

『極主夫道 ザ・シネマ』 2022年6月3日公開
監督:瑠東東一郎
出演:玉木宏、川口春奈、志尊淳ほか
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

 

累計400万部を突破した同名コミックを原作とする人気テレビドラマ「極主夫道」の映画化。玉木宏さん演じる、元極道で“史上最強の主夫”の龍と仲間たちのドタバタを描くコメディ作品です。

まずは、2020年10月に「日曜ドラマ」枠(日本テレビ系列/毎週日曜22:30~)で放送されたテレビドラマの視聴率をチェックしてみます!

日曜ドラマ枠は、「3年A組-今から皆さんは、人質です-」「今日から俺は!!」「あなたの番です」といった話題作が放送されていますが、「極主夫道」は平均視聴率9.2%で、同枠の平均視聴率ランキングで5位に入る人気作品です。

本作の魅力は、なんといっても主人公のキャラクターと、周りの人が繰り広げるドタバタコメディ。同枠でドラマ放送された『今日から俺は!!劇場版』の大ヒットも記憶に新しいですが、コメディ作品は人気がある印象があります。
2015年以降の邦画コメディ作品の成績をみてみましょう。

他のジャンルに比べるとコメディ作品は少ないように思われますが、特に2020年以降(コロナ禍以降)は話題作が並んでいますね。『帝一の国』や『翔んで埼玉』のスマッシュヒットなど、コメディ作品には話題になる作品が多い印象があります。

本作でメガホンを取るのは、ドラマ版の演出も務めた瑠東東一郎監督です。
瑠東監督は、同じくテレビドラマを映画化した『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』の監督も務めており、コメディ作品には定評があります。『劇場版 おっさんずラブ・・・』は興収26.5億円の大ヒットとなりました。本作の演出も楽しみです!

テレビドラマの映画化は、コアターゲットとなるファンがいるため初週の動員も期待できそうですね。
映画は今週公開です。

 

※興行収入は一部、推定値を含む
※情報提供:プレコグ

(C)2022「極主夫道 ザ・シネマ」製作委員会

 

【関連リンク】
【保存版】映画興行収入データまとめ

不明なエラーが発生しました

製作・宣伝・営業・興行 エンタメ業界人 必見のお仕事ムービー ハケンアニメ 共感度100%の秘密は鑑賞者の声に!
閉じる

ログイン

アカウントをお持ちでない方は新規登録

パスワードを忘れた方はこちら

閉じる