データでヒット予報

【データで週末ヒット予報!】ダークヒーロー映画&トム・ハーディ出演作の興収は?

2021-11-30更新

今週末に公開する作品をピックアップし、過去の関連作品の成績データを踏まえてヒットを予測する、“データで週末ヒット予報”。今週は、人気作品の続編です!

 

監督:アンディ・サーキス
出演:トム・ハーディ、ミシェル・ウィリアムズ、ウッディ・ハレルソンほか
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

 

スパイダーマンの宿敵として知られるマーベルコミックのダークヒーロー、ヴェノムの活躍を描く映画『ヴェノム』の続編です。世界41の国と地域でNo.1大ヒットを記録した世界的ヒット作が遂に日本公開となります!

2018年に公開された前作は、22.5億円の成績を収めています。

 

ダークヒーローが活躍する映画といえば、『バットマン』『デッドプール』『スーサイド・スクワッド』あたりが思い出されますね。いずれもシリーズ化されています。成績をみてみましょう。

いずれも約15億円以上のヒット作!また、続編でも動員が大幅に減ることはなさそうです。となると、本作も興収20億円は射程圏内でしょうか。期待が高まります!

 

前作に続き、主演は人気俳優のトム・ハーディ。最近では、7代目ジェームズ・ボンド候補としてもたびたび名前が挙がる実力派俳優です。『インセプション』でブレイク以降、映画賞に絡む大作にも多数出演。自身も『レヴェナント:蘇えりし者』でアカデミー助演男優賞に初ノミネートされています。主な出演作はこちらです。

 

映画は今週公開です。

 

※興行収入は一部、推定値を含む
※情報提供:プレコグ

 

(C)2021 CTMG. (C) & TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

不明なエラーが発生しました

閉じる

ログイン

アカウントをお持ちでない方は新規登録

パスワードを忘れた方はこちら

閉じる