露出度ランキング

地上波テレビでの映画露出度ランキング【2021/4/26〜2021/5/2】

2021-05-09更新

【情報提供:プレコグ株式会社】

地上波テレビ(東京:6局)で露出された新作映画宣伝の情報を丸ごとレポートするサービス「映露丸」。
直近1週間における作品別のテレビ・パブリシティ状況を報告します。

【番組露出ポイント ランキングTOP7】2021年4月26日(月)〜2021年5月2日(日)

※露出ポイントは、弊社が独自に規定した放送局、放送時間帯の係数や番組の種別を加味して算出しています。
※ポイント、総露出時間、総露出回数は簡易集計による暫定値となります。
※露出ポイントは、特集番組の露出時間を除外して算出しています。
※総露出時間は、特集番組の露出を含んでいます。

今週のパブリシティ状況

・首位は「ノマドランド」(3/26公開)。日本時間26日午前に行われた米・アカデミー賞にて、作品賞・監督賞・主演女優賞の主要3部門を受賞し、中でも中国出身のクロエ・ジャオ監督は、アジア系の女性として初めて監督賞に選ばれたことが注目された。NHKのニュースをはじめ各局のニュース番組や情報番組で受賞スピーチや映画のメイキング映像が繰り返し報じられている。同じくアカデミー賞の話題では、助演女優賞を「ミナリ」(3/19公開)の祖母役を演じたユン・ヨジョンが韓国人俳優初のアカデミー賞を受賞したことや、「ファーザー」(5/14公開)で83歳のアンソニー・ホプキンスが2度目の主演男優賞を受賞したこともニュース番組や情報番組で多数報じられ、上位にランキングした。

・2位「キャラクター」(6/11公開)は、完成報告会が行われ、主演の菅田将輝をはじめ、映画初出演のSEKAINOOWARI・Fukase、小栗旬らが登壇し、お互いの印象や撮影エピソードなどを語る様子が各局の情報番組で報じられた。

 

上記ランキング圏外のピックアップ作品

・日本国内の興行収入が400億円間近の「劇場版「鬼滅の刃」無限列車編」(2020/10/16公開)が全米にて4/23から公開され、オープニング3日間の興行収入22億円で全米の週末ランキング2位となり、また、米国で外国語映画初登場の週末興行収入で歴代1位を記録したことが、各局のニュース番組や情報番組で報じられた。(C)2021 20th Century Studios. All rights reserved.

 

(C) 2020 KITT All Rights Reserved.

  • (C)2021 20th Century Studios. All rights reserved.

不明なエラーが発生しました

あわせて読みたい

閉じる

ログイン

アカウントをお持ちでない方は新規登録

パスワードを忘れた方はこちら

閉じる